利便性の高さ|美容医療品の在庫管理問題を在庫管理システムで解決しよう

利便性の高さ

背広の人達

自社専用の販売管理システムを導入する時、一般的に市販のソフトウェアを利用するか、ソフトウェア開発業者に発注することになります。 今回は自社専用販売管理システムを発注した場合について考えてみます。 最初にすべきことは2つです。 1つ目は、自社業務にとって、コアな業務機能は何かを洗い出すことです。この作業は、日常的に業務を行う自社従業員にしかできないことです。丁寧に行っておくことで、ソフトウェアが短納期で品質高く出来上がるポイントとなります。 2つ目は、信頼できるソフトウェア会社を見つけることです。ソフトウェア会社にも、販売管理システム等の業務系ソフト開発が強い業者やウェブ系アプリ開発に優れた業者等、それぞれに特徴があるので、その辺りの注意も必要です。最近では、ソフトウェア開発会社への販売管理システム一括見積もりのサービスもあるので、それらを利用してみるのもよいかもしれません。

自社専用の販売管理システムを発注する業者が無事に決まり、価格を決定する時、大切なのが開発期間と工数です。ソフトウェア製造の作業工程として、まず開発業者とソフトウェアの具体的な内容(仕様)を決めていきます。仕様が決定したら、開発業者はその仕様を実現できるプログラム量と開発に必要なSE・プログラマーの経験や作業時間等を考慮して、当該販売管理システムの価格を決定します。この過程からわかるように、作業期間が短く、製作するソフトウェアのボリュームが小さければ小さい程、自社販売管理システムの費用は安くなります。ここで重要なのは、最初にご説明した自社業務に必要なエッセンスをどれだけ正確に伝えられるかです。これにより、必要な機能を充実させた上に、不要な機能を減らすことができ、低価格・短納期を実現した適正な自社販売管理システムの開発が可能になるのです。